調剤薬局が提供する腎臓の病気に関する情報局

食事療法及び有効な栄養素

腎臓病になったときの食事療法にはどういったものがあるのでしょうか。まず、ステージ1、2の場合には腎臓病患者向けの特別な食事療法は特に必要がないと言います。ただ、塩を控えたバランスの良い食事を心がけることが大切です。この時期はたんぱく質を制限する必要はありません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

たんぱく質やカロリーをむやみに減らしてしまうと、栄養不良になる恐れがあり、筋力や免疫力の低下を招いてしまいます。また、腎臓病に効くと言われている食材をだけを集中して食べる患者もいますが、あくまでもバランスのとれた食事を心がけることが一番なのです。腎臓病に良いと言われている食材は、カリウムを多く含む食品がたくさんあります。カリウムは多く摂取しても体に悪影響を与えてしまうため、食べすぎには注意が必要です。ステージ3、4では、腎臓病の食事療法が必要になってきます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、この時期の食事療法はステージ5である透析を遅らせたり、避けるための大事な時期にあたります。たんぱく質は体重1キロ当たり0.6〜0.8gになり、GFRが25くらいまで下がった場合には、体重1キロ当たり0.6gのたんぱく質制限がかけられます。たんぱく質を制限するため体重が減りやすくなるので、定期的に体重計に乗り、体重が減っているようなら食事の量を増やす必要があります。また、塩分を控えて貧血予防のためにサプリメントなどを活用する必要があります。

 

薬剤師 就職