調剤薬局が提供する腎臓の病気に関する情報局

リウマチについて

リウマチとは、からだのさまざまな関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛み病気です。進行すると、関節の変形や機能障害などが起こります。30歳から50歳代で発病する人が多く、男性よりも女性に多いと言われていて、発症率は男性の3倍にもなります。また、15歳以下で発病する若年性関節リウマチもあり、成人の関節リウマチとは全く別物で症状も検査方法も違ってきます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

リウマチの原因が全て解明されているわけではありませんが、免疫系に異常があると言われています。そのため、遺伝子の異常や微生物の感染、またはこの両方の組み合わせによって起こっている可能性があるのではと考えられています。免疫系が異常に活動すると、関節の毛細血管が増加し、血管内から関節滑膜組織にリンパ球や白血球がでてきます。このリンパ球や白血球からサイトカインという物質が作られ、関節内に炎症反応が引き起こされます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

そして、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れといった症状に繋がり、関節液が増加して軟骨や骨の破壊が進行していきます。間接リウマチの症状には、関節の症状と関節以外の症状があります。関節の症状としては、手首や足首などの関節に痛みや腫れが数週間から数カ月の間に起こり、触ると熱感があります。また、全身症状としては疲れやすさや脱力感、体重の減少、食欲低下などがあります。

 

ドラッグストア