調剤薬局が提供する腎臓の病気に関する情報局

人工透析

人工透析は臨床症状や腎機能、活動能などで評価され、導入されるか決定されます。症状がなく日常生活に支障がなければ透析を行わないこともあります。一方、腎不全の症状が強ければ早めに透析を始めることもあります。そのため、透析を始める時期は、腎不全のため日常生活が困難になった時だと言えます。食事療法や薬物療法を行っても腎不全の症状が悪化し、腎臓の機能が低下して尿毒症の症状が現れ、改善の余地がほとんどなく日常生活に支障が生じたときに透析が始まります。透析を導入する症状としては、息苦しさや呼吸困難、だるさや全身の倦怠感、食欲不振、全身のむくみ、抗窒素血症などが挙げられます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

急に透析となると社会的にも家庭的にも困難な場合があるので、そういった都合も考慮しつつ決定されることが多いようです。また、気持ちの整理がつかずに、透析に踏み切れないと言う場合もあります。ただ、透析はあくまでも始まりであり、重要なのは透析を始めた後からです。透析治療を開始した後の社会復帰が順調にいくように、体力的に落ち込まず、余病にも悩まされることの少ない時期に透析を開始することが大切なのだとか。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、昔に比べて高齢者の患者が増え、より早い時期に導入することが最近の傾向だと言います。透析を導入する年齢としては、60歳代が一番多く、次いで50歳代、70歳代となっています。

 

調剤薬局