調剤薬局が提供する腎臓の病気に関する情報局

痛みを伴う病気

腎臓の病気で引き起こされる痛みは、通常脇腹や腰に感じられます。また、痛みがおなかの中央部あたりに広がることもあるのだとか。一般に、痛みが起こるのは人組織の春を引き起こす病院が原因で、腎臓の外層(腎皮膜)が引っ張られるためだと言います。痛みを伴う病気としては、腎臓結石があります。腎臓結石は尿管に入ると激しい痛みが生じます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

結石に反応して尿道が収縮し、それによって腰背部に激しい痙攣性の痛みが起こり、痛みはしばしば太ももの内側の付け根まで広がります。尿管が弛緩するか、結石が膀胱に入るとその痛みは止まります。もし排尿時に痛みを感じたら病気のサインだと思った方が良いようです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

また、結石は男性だけでなく女性でもかかる可能性があるので注意が必要です。急性腎炎も痛みを伴い病気で、学童期の8〜9歳をピークに認められています。頭痛や食欲不振、むくみなどの症状が急に現れ、血尿とたんぱく尿が認められ、尿の量が少なくなったり、血圧が上昇し、発病初期は腎機能も低下すると言われています。上気道炎や扁桃炎など、小児に多い溶連菌感染後に起こる急性腎炎は、発病時の症状が激しいのですが治りやすくもあります。大体溶連菌に感染した1〜3週間たったころぐらいに急性腎炎が起こる場合がほとんどのようです。完治する病気なので、しっかりと療養して慢性化しないようにしなければいけません。

 

薬剤師国家試験