調剤薬局が提供する腎臓の病気に関する情報局

血尿

血尿とは、尿の中に血液が混じった状態の総称です。混入した血液の量によっては、一目見ただけで誰でも血尿であることがわかります。このように、見た目で分かる場合は肉眼的血尿と呼ばれます。逆に、あまりにも微量すぎて目視では分からず、尿検査などで初めて分かるものを顕微鏡的血尿と呼びます。健康診断などで血尿と判断された人のほとんどは、顕微鏡的血尿で、見た目では分かりづらいために診断に驚く人も少なくありません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

見た目には血尿のように赤く見えても、実際には血液が混入していないということもあります。これは仮性血尿と呼ばれ、高熱、脱水による濃縮尿か、ある種の薬剤による着色などが原因で生じるようです。血尿には症候性血尿と無症候性血尿があり、症候性血尿は痛みなどの症状を伴って血尿がある状態で、膀胱炎や尿路結石などがこれにあたります。無症候血尿は、尿路悪性腫瘍と関係が深く、痛みもかゆみなどもなく、真っ赤、または茶色の血尿が出る状態です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

痛みなどがないために軽く見がちですが、膀胱がんや尿管がん、腎細胞がんなどの可能性があります。検査をして実は突発性量性血尿だった、ということもあるので、まずは医療機関でしっかりと検査をしてもらうことをおすすめします。血尿は、結石や外傷、尿路腫瘍・感染症といった泌尿器系が原因のものと、腎炎やネフローゼ症候群などの全身性疾患が原因で起こる場合があります。

 

薬剤師国家試験